西川口歯科クリニックは、JR西川口駅西口徒歩1分の場所にあり、土曜日も診療しています。

西川口歯科クリニック

048-255-3711
英語対応
24時間診療予約

院長コラム

口輪筋について  21.01.18

こんにちは!
今日のスタッフブログを担当する DA.Tです。

口輪筋、ご存知ですか?
今回、口輪筋についてご紹介します。

口輪筋とは唇の周りを取り囲む筋肉の事を言います!
よくポカン、と口を開けている人を見かけませんか?

もしかしたら口輪筋が弱いのかもしれないです。
また、お口ポカンの予防だけでなく、この口輪筋を鍛える事で、たくさんいいことがあるんですよ!!

1、お口の健康につながる
お口がポカンとあいたままだと口呼吸になり、お口の中の唾液が乾燥してしまい、むし歯と歯周病のリスクが上がります。
唾液には再石灰化作用や、抗菌作用があるのですが、乾燥してしまうと、うまく働きません。

2、たるみの予防
口輪筋が弱まると、表情筋(顔の筋肉)全般が弱くなります。
そのため、顎のたるみや頬のたるみが起こります。
ほうれい線や、左右の顔が変わってくる。など。

3、いびき、無呼吸の予防
口輪筋が低下していると、睡眠中に口が開いてしまい、舌根が沈下し、軌道を塞ぎ、いびきや無呼吸症候群を起こしやすくなると言われています。

4、風邪の予防にも!
口呼吸になるとウイルスや細菌が喉の周りにある扁桃に直接付着してしまい、咽頭炎、扁桃炎や慢性的な炎症を起こしやすくなります。

何か気になる事がございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

西川口歯科クリニックスタッフより

pagetop